目次

移転となった場合の支援

オフィス移転の相談役は、不動産会社が利に適っています。そもそも、固定費の削減が目的であれば、オフィスレイアウトもそれに応じなければ意味合いもなくなります。電気・内装・電話工事をはじめ、LAN工事なども各専門事業者を紹介してくれます。もちろん、移転であれば情報漏洩の問題も気になるでしょうが、秘密厳守となる管理元での引越し、ここも重要ですから、合わせて相談しましょう。

イメージを掴める

業務効率の向上にオフィスレイアウトを考えているなら、ゾーニング・動線計画が必要であることを知っておきましょう。ムダのなさ、それをイメージするにはCGを使って完成した雰囲気、やる気が満ちあふれる色合いなどを想像することに尽きるでしょうから、オフィスレイアウトの専門業者にプレゼンテーションを依頼してみましょう。

大事なのは仕事の効率

法人向け不動産会社においては、オフィス家具コンシェルジュやインテリアコーディネーターなどが籍をおいていて、職種や業務内容に適した『デスク中心のオフィスレイアウト』まで提案してくれます。対向・並列・背面型など、そのオフィスでの社員の働きやすさを考慮してくれます。

使い勝手もポイント

移転先だけでなく、元々のオフィスまで知ることにより、希望のワークスタイルにしっかり当てはめたオフィスレイアウトが期待できることを知っているでしょうか。専門業者ならば、オフィス家具や什器の提案だけでなく、使い勝手が良かったであろう既存のオフィス家具を使用することで雰囲気をはじめ、馴染むまでの時間も考慮してくれます。

広告募集中